双極性障害|梅田・大阪の心療内科・精神科 大阪駅前こころのクリニック(大阪市北区)

  • HOME
  • クリニック紹介
  • 診療のご案内
  • クリニック風景
  • よくあるご質問
  • アクセス

双極性障害(躁うつ病)ってどんな病気?

うつ病は、うつ状態だけが起こる病気のことをいいますが、双極性障害とは、うつ状態に加え極端に活発に行動してしまう躁(そう)状態も現れ、「うつ状態」と「躁状態」を慢性に繰り返す病気のことをいいます。以前は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味で『双極性障害』と呼ばれるようになりました。
躁状態では、眠らなくても活発に活動できる、次々とアイデアが浮かぶ、過度に自分は特別で能力が高いと信じこむなどの症状が見られ、軽はずみに無謀な行動を取ってしまう結果、社会生活に支障をきたすこともあります。

じつは双極性障害であるのにもかかわらず軽い躁状態を見つけられず、うつ病と診断されているケースもみられます。うつ病の治療をしても効果がない、または不十分だった患者さんが双極性障害だったということもあります。

うつ病は「うつを良くする」ことが治療目標ですが、双極性障害は、「躁・うつの波を、いかにコントロールするか」が最大の治療目標です。

双極性障害の主な症状 ~このような症状でお困りではありませんか?~



うつ病の諸症状( うつ病 のページ参照)
睡眠が少なくても平気になる
理由もなく自信に満ち溢れている
普段よりおしゃべりになる
注意力が散漫になりやすい


このようなことでお困りの際は双極性障害の可能性があります。お気軽にご相談ください。